宣伝や応援に使えるグッズ

紙袋

デジタル技術で低価格に

横断幕と言えば、スポーツの試合会場で選手名やチーム名を染め抜いて掲げる応援グッズとしておなじみです。その他にも、お店のPRやイベント会場の広告、学園祭の飾りつけなどさまざまな用途に使われています。最近ではインターネット上でも「激安で横断幕を製作します」といった広告をよく見かけます。激安の理由は業者によってさまざまですが、ほぼ共通して言えるのが印刷技術の進歩です。デジタルプリンタを導入してコンピュータ上の原稿をそのまま印刷しているため、手作業で染めたり刺繍したりして作っていたかつての横断幕よりも低コストで製作できるのです。こうしたことから、最近は個人商店や地域の小さなサークルなどでも、手軽に横断幕を製作することができるようになりました。多くの業者はホームページから直接注文できるるため、自宅にいながらにして激安横断幕を作ることが可能になっています。製作業者を選ぶ際、注意しておくことが1つあります。それは、図柄のデザインをどこまで自分たちで行うかという点です。業者の中には完成原稿のみ受け付けているところと、簡単な手書きのスケッチを渡すだけで業者側で仕上げてくれるところの2種類があります。デザインソフトの扱いに習熟しているのであれば前者に依頼した方が製作期間が短くて済みますが、そうでなければ後者に依頼した方が安心です。また、これに関連して、業者の中にはデザイン料が無料のところと有料のところがあります。同じ「激安」を謳っていてもデザイン料の有無によって費用の総額が変化する場合があるので、業者を選ぶ際にはその点にも留意するようにします。

Copyright© 2017 手提げ袋を広告で利用することで得られるメリット All Rights Reserved.