設置する際の注意点

横断幕

設置前の確認を

街中には様々な種類の看板がありますが、看板を設置する際はいくつか気を付ける点があります。設置方法によっては事故が起きることもありますので、今一度確認しておくといいでしょう。以下で、看板の種類ごとにその対策を見ていきましょう。まず、突出した看板です。この場合、予想される事故やトラブルとしては、低所設置による接触事故や強度低下が原因の落下です。突出した看板は様々な事故が発生することがありますので、設置前にしっかり確認する必要があります。この場合、確認すべ点は高さです。特に、大型の突出看板を設置する場合は、定期的に検査・点検をするなど、日頃から心がけておきましょう。また、素材に鉄骨部分がある場合、防錆処理も忘れないでください。防錆処理を施しておけば、様々な事故を予防できます。次に強度にも注意してください。質量が大きい看板は、その重さによっては、接続部に痛みを生じやすくなります。さらに雪の多い地域では、雪によって重量が増して、その重さに耐えきれなくなることも考えられます。その他に、台風にも気を付けてください。台風が発生しやすい時期は、雨風も多くなりますので、強さをしっかり考慮しておく必要があります。次に縦植の看板です。この場合、予想される事故やトラブルとしては、地震などによる落下が考えられます。また、素材であるポールの錆つきによる倒壊もありますので、スペースをしっかり確保することが大切です。そして事故やケガを防止するために、安全対策もしっかり施してください。看板を設置する際は以上の点に気を付けてください。

Copyright© 2017 手提げ袋を広告で利用することで得られるメリット All Rights Reserved.